音楽にまつわるあれこれ


by august_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
待ってました!ついにesq(三谷泰弘)のデビュー15周年ライブ"With The Band"ライブのDVDが完成し、2011年1月22日(土)に渋谷、duo MUSIC EXCHANGEで行われたパフォーマンスが再び見られることになった。2001年にも、In Motionのビデオが発売されたけれど、今回はDVDフォーマットでのリリース。特典映像満載で全35曲が収録されるとのこと。今回はスペシャルゲストとして迎えられたスターダストレビューの根本要さんとの共演もあり、とてもエキサイティングなライブだったのを覚えている。2001年の時は、2枚組のCDと、10曲程度を曲を収録したビデオで発売されたが、今回は期待以上のものが完成した。

パッケージはこんな感じ。

c0026024_8495463.jpg


今回のライブにしろ、DVDのタイトルと言い、ほんとにメモリアル的なライブ、DVDとなっている。ソロデビューから15周年、51歳になり、15作目のタイトルと言うことで。

ライブ会場のエントランスは、こんな感じ。

c0026024_852446.jpg


確か場所としては、"ON AIR EAST"の所在地だったと思うけど、改装して、改名してオープンしたところの模様。(違ったかな?)会場内は、1階と2階があって、整理券番号が95番だったこともあり、1階で、ステージがよく見られる場所を確保した。でも座席としては、多分最後の一席だった感じ。95番なのに十分に座席が確保されていないなんてねぇ。

c0026024_8565544.jpg


esqが全国でツアーパフォーマンスをするときは、ソロ、デュオ、トリオという編成が多いのだが、今回はバックバンドも全員そろい、STARDUSTレビュー時代のリーダーである根本要さんが特別ゲストで迎えられたことがなによりも嬉しいライブだった。アンコール時に彼が登場し、ダブルボーカルの形式でパフォーマンスが行われた。アンコールで聴けて一番嬉しかった曲はやっぱり、「と・つ・ぜ・んFall In LOVE」だったね。


今回のライブDVDはほとんどノーカット。カバー曲と、共演曲が数曲カットされているだけ。

ライブ時のセットリストと、収録曲は以下の通り。(黒▲印は未収録曲)。

duo MUSIC EXCHANGE 2011.1.22
17:30~21:10

1.12:15P.M. -At Bryant Park-/esq 自由の人

2.In the city/esq The City

3.Space-age love affair/esq ジャンボリー

4.光の恋人/esq The City

5.2 o'clock samba/esq 自由の人

6.もっとそばに/esq 自由の人

7.Mirage/esq Sing-A-Ring

8.恋しくて/esq The City

9.流星物語/esq Tailor-made/スタレビRendez-Vous

10.Triste/esq シングル再会カップリング/スタレビIn The Sun,In The Shade


カバー曲リクエスト ▲

11.Stop,Look.Listen/ザ・スタイリステック/esq Episode Vol.1 ▲

12.Tea For Two/Nick DeCaro ▲


13.信じればいつか/esq The City

14.週末の天使/esq 自由の人

15.Spread our love/esq Sing-A-Ring

16.太陽の下で/esq Sing-A-Ring

17.Cityscape/esq The City

18.Melody/esq One And Only


アンコール(ゲスト、スタレビ根本要さんと)

19.Thank You/スタレビThank You

20.Smiling Face/スタレビFace To Face ▲

21.You've Got A Friend/キャロルキング

22.と・つ・ぜ・んFall In Love/スタレビThank You

23.Stay My Blue -君が恋しくて-/スタレビRendez-Vous ▲


ダブルアンコール

オリジナルカバーリクエスト

24.Danger Lady/スタレビRendez-Vous ▲

25.想い出にかわるまで/スタレビThank You ▲

26.One And Only/esq One and only


トリプルアンコール

27.Charming/スタレビCharming


ご覧の通り、ほとんどカットがないのだ。ただ個人的に残念なのは、ダブルアンコール時にソロでパフォーマンスを行った、スターダストレビュー時の楽曲と、"Danger Lady"と"想い出にかわるまで"は収録してほしかったな。


DVDのリリースは2011年8月26日。リリース発表がされてから、ずいぶんと待たされたけれど、特典映像も満載なので、十分すぎる内容に仕上がっていると思う。早く商品が手元に届くのが楽しみだ。
[PR]
# by august_moon | 2011-08-02 09:13 | 邦楽

Didn't Have The Heart

久々にiPodに何枚かのCDから楽曲を入れようと思った。
そこでCDラックにまとまって並んでいたのが、学生時代に大好きだった、
女性ポップアーティストのデビー・ギブソンのものだった。

たしか中学生ぐらいに彼女のデビューアルバムをレンタル屋で借りて、
大学時代には好きな子とコンサートに行き、
その後彼女と別れてから、この"think with your heart"のCDを繰り返し聴いていた。

アルバム、"think with your heart"は1995年のリリース。
その中に収録されているこの楽曲、"Didn't Have The Heart"は
実によく聴いたものだった。
不思議なもので、いつどこで何をしながら、何を思いながら聴いていたかまで
鮮明に思い出すことができる。

邦題は「愛の終わりに」というのだが、基本的にはこの曲の歌詞は、
彼女が恋人から離れていくというストーリーで、
自分の失恋体験と歌詞に描かれている心象風景を重ねて聴いていたものだった。

しかし、今回改めてその歌詞に注目して聴いて見ると、
確かに別れの曲ではあるけれども、
彼女は恋人を「愛していない」わけではない、というストーリーだと気づいた。
彼女は新しい男性に出会い、恋人との別れを決意するのだが、
その本当の理由は……。

と言うところが、大事なところだと気づいた。

"Did't Have The Heart"は、

「愛する気持ちがなかったの…」、ではなく、

「愛していなかったわけじゃないの…」という気持ちだったのだと。



歌詞を少し抜粋してみる。

  そういうことじゃないの
  時間がなかったとか
  愛がなかったとか
  バラバラになる強さがなかったとか
  私が想っていないわけじゃないの
  勇気がないから
  敢えてそうしないだけ…

  あなたを愛することに
  私は耐え切れなかった…


というわけだ。
CDではストリングスをフィーチャーした壮大なバラードに仕上がっている。

ライブでピアノのみの弾き語りもしていた模様。


[PR]
# by august_moon | 2011-07-29 19:47 | エピソード

好きになって、よかった

夏の始まりなのに、もう夏の終わりを感じているような気分のこの頃。

ここ最近なんとなく気になっていた女性アーティストがいる。
シングルCDは一枚持っていて、好きな歌手ではあっても
それほどのめりこむような人ではなかったのだが、

何気にここ数年テレビで見ることが多くなったことで、
彼女の魅力を再発見するようになった。

そのアーティストの名前は、加藤いづみさん。

大ヒット曲は、「好きになって、よかった」。

アコースティックなスローバラードで、
歌詞の中に「雨」という言葉が出てくるころから、
梅雨時、春の終わりごろの話かなと思う。

歌詞の内容としては、悲しい別れ話と、
その悲しみを乗り越えていこうとする、
いたいけな感じのする女性の姿を表現した歌だ。

なぜ、最近再度彼女を注目し始めたかと言うと、
音楽番組で、バックコーラスとしてチラチラと画面に映る
機会が多いのに気づかされているからだ。
それも実に色々な局の歌番組で。

自分が前に出てくることはないのだけれど、
サポートコーラス担当として、
実に着実に活躍している姿に、
魅力を感じるのだ。

久々に彼女のCDのジャケットを載せてみる。

c0026024_2022594.jpg


サビの部分だけ紹介したいと思う。

     好きになってよかった 初めてそう思った
     あの日描いた夢は 今雨の中消えるよ
     好きになってよかった 悲しいことがあっても
     つまづかないで歩けると 信じていたい
     いつまでも


[PR]
# by august_moon | 2011-07-05 20:29 | 邦楽
c0026024_1931776.jpg

見てもらえればすぐに分かるのだけれど、本として閉じられている大好きなアーティスト、崎谷健次郎さんの楽譜の内の一曲、「夏のポラロイド」をページ枚にB5サイズに縮小して、裏側からセロテープで止めて、拡げて一枚になるようにした楽譜を作ってみた。

これは本を読んだり、実際に楽譜を見ながらピアノの練習をしたことのある人ならすぐに分かるのだろうけれど、曲とは、時間とともに進行していくものであり、ページをめくる作業が生じるものである。だからその面倒な手間をかけるために、演奏している片手を止めるのがアホらしいので、曲の最初から最後まで一目で見れるように自分で楽譜をつなげ合わせる作業をするのが、ミュージシャン流。

学生時代にバンドをやっていたころは、よくこうしてやったのですよ。それもこういうちょっとした手間をかけるというのは、テレビを見ながら実際に学生の頃、プロのミュージシャンがやっているのを真似して始めたことで。

長年バンドもやっていないし、個人的に練習する時間もあまりないのだけれど、なんだかこの作業をしていたら、昔のことを思い出して、懐かしくて、ワクワクしたのね。

こんな感じでシンセの空きスペースに楽譜を置いて、練習しようかな。

c0026024_19371749.jpg

[PR]
# by august_moon | 2010-12-16 19:38 | エピソード
c0026024_7521854.jpg

最近、初期の森高千里のCDやDVD映像を見聞きしている。今は特別にファンということはないのだけれど、デビューして、まだ売れ出す以前の、最初のアルバムと、セカンドアルバムだけは80年代後半当時、持っていた。彼女がミニスカートを穿き、美脚を見せたり、面白い歌詞やタイトルの曲で売れ出す前の頃。バブルがはじける前頃かな?世相を反映して、歌詞もちょっと軽い男と女のお遊び恋愛的な要素も含まれていたアルバムで、サウンド的には、TM NETWORKまでとはいかないまでも、生楽器よりもデジタル楽器を多用した、ユーロビートにも近いサウンドが特徴的だった。そのハードなイメージと彼女のウブで愛らしいミスマッチ感覚がちょっと新鮮だったから好きだったからかもしれない。

さて、2000年頃だったか、VHSからDVDへと商品が切り替わるころに、彼女の過去のVHS製品は確か10巻程のシリーズでまとめてDVDがリリースされた。さすがに全部買うわけにはいかなかったし、とりあえず初期のサウンドが好きだった自分は、Vol.1だけを買った。そして足を運んだこともない彼女のライブパフォーマンスを何度も観ていたものだった。そして最近は、インターネットのYou Tubeで、過去の彼女のパフォーマンスを観ることができるのだが、やはり小さい画面で見るのは迫力がないし、いくら動画をダウンロードできたとしても、所有欲という意味では満足いくものではなく…。そして気に入った動画が、どのDVDに収録されているかを調べてみたら、どうやら「見て ~スペシャル~ ライヴ in 汐留 PIT II 4.15 '89 - Chisato Moritaka DVD Collection no.2」という商品だということが判明したのだが、これがまた中古でも手に入らない。色々なサイトを検索しては中古の在庫を探しているのだが、見つからない。いや、実際は一件あったのだが、これがまたプレミアが付いているのか、2万円とかそんな途方もない高額で出品されている。

この2枚目のDVDは、個人的にはやはり初期の頃のサウンドが聴けることが嬉しいし、また1枚目で披露した曲も、ステージパフォーマンスに磨きがかかって、かっこ良くなっているというのがまた魅力である。そしておそらく他のファンたちを魅了していると思われるのは、次から次へとステージ衣装を着替えているところではないかと個人的には思っている。お約束のミニスカートに美脚で、若い頃の森高千里だったら、そのDVDは永久保存版にしたいよね?って、やっぱり思う。

まぁ、ネットで見つからなくても、いつかどこかの中古CD&DVDショップに足を運んだら、偶然見つかるかもしれないし…。それまでは、You Tube動画で我慢します…。
[PR]
# by august_moon | 2010-06-14 08:02 | 邦楽
お財布の中身が少ないので、今年はライブへ出かけるのは控えめにしようかと思っている。先日は崎谷健次郎さんの、ファンクラブイベントと、ライブの告知があったけど、見送り。またちょうど今は飯島真理さんの夏のライブのチケットの販売中なのだが…。今年の真理さんは"Two in One"と題して、一日に二公演するらしい。もちろんセットリストは完全に変えて。(つまりは両方に参加したくなるわけ)。そうすると崎谷さんと同様、一日に二つのパフォーマンスを見ることになり、チケット代も倍になり、海外アーティストだったり、Bluenote Tokyoだったり、Billboard Liveのチケット同様、約1万円ぐらいの出費になるから、ちょっと厳しいなと思う。

その他に、コレだけは行ってみたいと思っていたのが、安全地帯の?十周年記念ライブ。中学、高校生時代に好きだったバンドだったけど、黄金期にはライブに行けなかったから、行ってみたいなぁ…と思っている。珍しく大ホールでやるから、音響も照明も雰囲気も迫力あるだろうなと思っているのだが。ただ、いくつになっても恋多き男?である玉置浩二さんの芸能ニュースを聞いてから、ちょっと行こうかどうしようか迷っている。

まぁ、大体の場合、ステージパフォーマンスの後には、DVDが発売されるわけで、何度も観られるDVDを買った方がお得かな?と思ったりして。ちなみに今は、BoAと、森高千里のライブDVDが欲しい。他にも欲しい音楽DVDはあるのだけれど。
[PR]
# by august_moon | 2010-05-21 22:25 | エピソード
c0026024_1095874.jpg

一ヶ月ほど前だっただろうか?自分が憧れるシンガーソングライター・キーボーディストの崎谷健次郎さんの事務所からハガキが届いたのは。それは崎谷さんが数年ぶり(思い出せないが確実に5年以上)に、今年はニューアルバムをリリースするという告知と、それに伴って、一時休止となったファンクラブを再開させるという知らせだった。自分は迷わずファンクラブに再入会した。とりあえず入会手続きは済んでいるものの、会員証は来週ぐらいに届く予定となっている。そしてファンクラブへの入会の案内が来たのと同時に、ピアノライブの招待も来たが、個人的にはバンドサウンドが好きな自分としては、昼の部、夜の部と内容を変えてのピアノライブは見送った。会場が南青山MANDARAだったこともあるのだけれど。(つまりキャパが狭いと言うこと)。おそらく、(いつになるかは分からないが)、夏以降にアルバムのリリースになって、その時はもう少し派手にライブサウンドを聴かせてくれることを期待しつつ、少し貯金しておこうかと思った。ただ、これまた一つ気になるのは、ファンクラブの名称。「Lunch Time Cafe」という名前。これってやはり女性、主婦層をターゲットにした昼間のライブをメインに考えた名称なのだろうかと思いを巡らせてしまう。まるでesqの「Lunch Time Live」みたい。(会場も同じ南青山MANDARAだしね)。また、先日、ライブチケットのキャンセルが数枚出たとの知らせがあり、またライブ会場限定発売のピアノ・インストルメンタル・CDが発売されると知り、「なぬ?!」と、CD欲しさに目がくらんだが、またいつかどこかの会場で残り盤の再販がないかとなにげに期待はしているのだが。

とりあえず今は、新しい会員証と、会報が届くのを待っている。
[PR]
# by august_moon | 2010-04-04 10:13 | 邦楽
久しぶりの投稿だが、2月を迎えたので、ここ最近聴いている曲目をご紹介。

c0026024_222216.jpg

1. Torture / The Jacksons
2. Strangers Dream / ジャッキー・リン&パラビオン
3. 夏のポラロイド / 崎谷健次郎
4. 恋バス / 矢井田瞳&恋バスバンド with 小田和正
5. The Power Of Love / MAX
6. Looking For The Truth / PAMELAH
7. きみにとどけ / タニザワトモフミ
8. Counter Light / カルロス・トシキ&オメガトライブ
9. 午後のパレード / スガシカオ
10. Bad Boy / Eugene

今回は思い出したかのように聴き始めて、ハマってしまった楽曲とアーティストが二組。まずは一位のThe JacksonsのTorture。The Jacksonsと言えば、説明はいらないと思うが、マイケル・ジャクソンの兄弟で結成していたグループ。この楽曲だけラジオで何度も聴いていたので、この曲しか知らないし、CDももっていないのだが、YouTubeからMVとMP3音源をダウンロードし、くり返し聴いていた。マイケルの聴かせどころもあるけど、聴き分けられるかな?「フォー!」とか言ってるしね。

それともう一組は6位のPAMELAHのLooking For The Truth。このPAMELAHという男女のユニットはギタリストの男性とボーカルの女性からなるのだが、一時期楽曲を気に入り、CDも持っていたのだけれど、聴き飽きて中古屋に売って処分してしまったのだけれど、レンタルショップに行ったら、めずらしく棚にあったので、ベスト盤を借りてきて視聴して、懐かしく聴き返していた。自分なりにこのユニットを分類すると、「デジタル・ロック」かな?と。サウンド的には初期のB'zっぽい。Bad Communicationとか。サウンドの基礎は打ち込みで、ギターサウンドを被せることで、ロック調になると。

1. Torture / The Jacksons


6. Looking For The Truth / PAMELAH

[PR]
# by august_moon | 2010-02-01 22:32 | エピソード
20年以上の時を経て、感動の再会を果たした。ほとんど自分の記憶からも消えかけていたのだけれど、急に思い出したアーティストがいて、そのグループ名と、サビの歌詞だけを頼りに検索をかけたら、YouTubeで動画を発見!

そのアーティストとは「ジャッキー・リン&パラビオン」。「パラビオン」の響きだけは覚えていて…。これはフランス語かな?郵便でいう航空便のことで封筒には朱書きで"Par Avion"と書く。それと覚えていた歌詞は、"Strangers Across The Sky 微笑んで…♪」だった。

Wikipediaでも調べたけれど、このグループについてはほとんど情報がない。それもそのはず、やはりというか、シングル1枚で終わったグループだったから。どうやらその楽曲はドラマのエンディングテーマで使用されたものだけれど、自分がこの曲を聴けたのも本当に数えるほどだった。

最初の出会いは新宿のホテルだったか、高層ビルの片隅のイベントスペースでパフォーマンスを行った際に偶然知ったのだった。

このグループの楽曲を好きになったのにも、やはり理由があった。それも作曲がオメガトライブに多くの楽曲を提供した林哲司と、そのパートナーであるアレンジャーの新川博だったからだ。どうやらこのバンドのコンセプトも「カルロス・トシキ&オメガトライブ」が解散した後に、「女性版オメガトライブ」をコンセプトに結成されたものらしいのだが。

そして最後に蛇足だが、ボーカルのジャッキー・リンが可愛すぎる。香港人だとか。この動画の頃からするとやはり二十歳ぐらいだろうか?自分の好みの顔立ちで、どうしてだろう?誰に似ているのかな?と一生懸命考えていたのだけれど、韓国人女優の、ソン・イェジンに目元が似ているかな?


[PR]
# by august_moon | 2009-12-21 08:10 | エピソード
c0026024_1936936.jpg


月末なので、恒例の(といっても二回目の)、iPodに入れてある楽曲の最近のプレイリストトップリストを公開したいと思う。

1. あの夏へと / MAX
2. Older Girl / 1986オメガトライブ
3. 夏から夏まで / オフコース
4. If She Would Have Been Faithful / Chicago
5. Yes-No / オフコース
6. 風を抱きしめて / 崎谷健次郎
7. Seventies / MAX
8. 夏の別れ / オフコース
9. 抱きしめたい / 崎谷健次郎
10. Bad Boy / Eugene

10月末だけれども、夏頃から聴いていた曲がランクインしている感じ。夏頃には、「夏の恋歌」シリーズと題して自分で夏の歌だけ集めたプレイリストを作成していたから、そこで連続再生された曲が多いのかと。

洋楽は唯一、Chicagoだけがランクイン。それと韓国ポップスでは、相変わらず、Eugeneの"Bad Boy"が入っている。

明日から11月。クリスマスまで約2カ月。そろそろクリスマスにまつわるラブソングでも入れてみようか?

3. 夏から夏まで / オフコース


5. Yes-No / オフコース


6. 風を抱きしめて / 崎谷健次郎

[PR]
# by august_moon | 2009-10-31 19:44 | エピソード