音楽にまつわるあれこれ


by august_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

オフコースに影響を与えたTOTO

c0026024_1303652.jpg

今回のネタはTOTOです。と、言ってもオフコースにつながるのですが…。

恥ずかしいことに、自分は生まれてから、ほんの最近になってからTOTOを聴くようになりました。とっても有名なバンドだということは知っていたのに、自ら進んでCDを買うこともありませんでした。まぁ、せいぜいコンピレーション・アルバムに収録されていた2,3曲や、メンバー2,3人しか知りませんでした。

さて、今回コレクション一枚目として購入したのが、1978年の「宇宙の騎士」です。そして聴くや否や一番最初に耳に留まったのが、"ROCK MAKER"でした。

この曲が、自分が何度も繰り返し聴いてきた、オフコースの曲、「君を待つ渚」に雰囲気がとっても似ていたのです。(つまりはコード進行が似ているということです。)


オフコースはアルバム制作を行う際、歌詞やメロディーがあってからアレンジをするのではなく、まずはコード進行ありきで、その後にリズムやバッキングのパターンを決めると言う、コード進行先行型の曲作りをしていました。

だとすると、メンバー個々にアレンジの引き出しを持っていて、「こういう雰囲気にしよう。」とか、「こういうフレーズが欲しい。」となれば、当然、何かの曲からイメージを膨らませ、アレンジに反映させていたとしても、過言ではないのです。

今回のオフコースの楽曲も、確か1980年頃の発売ですから、TOTOの"ROCK MAKER"の影響を受けていたとしても不思議ではないですね。


まぁ、ファンとしては嬉しいような、悲しいようなネタでした。


[PR]
by august_moon | 2006-02-04 13:04 | 邦楽