音楽にまつわるあれこれ


by august_moon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:邦楽( 40 )

待ってました!ついにesq(三谷泰弘)のデビュー15周年ライブ"With The Band"ライブのDVDが完成し、2011年1月22日(土)に渋谷、duo MUSIC EXCHANGEで行われたパフォーマンスが再び見られることになった。2001年にも、In Motionのビデオが発売されたけれど、今回はDVDフォーマットでのリリース。特典映像満載で全35曲が収録されるとのこと。今回はスペシャルゲストとして迎えられたスターダストレビューの根本要さんとの共演もあり、とてもエキサイティングなライブだったのを覚えている。2001年の時は、2枚組のCDと、10曲程度を曲を収録したビデオで発売されたが、今回は期待以上のものが完成した。

パッケージはこんな感じ。

c0026024_8495463.jpg


今回のライブにしろ、DVDのタイトルと言い、ほんとにメモリアル的なライブ、DVDとなっている。ソロデビューから15周年、51歳になり、15作目のタイトルと言うことで。

ライブ会場のエントランスは、こんな感じ。

c0026024_852446.jpg


確か場所としては、"ON AIR EAST"の所在地だったと思うけど、改装して、改名してオープンしたところの模様。(違ったかな?)会場内は、1階と2階があって、整理券番号が95番だったこともあり、1階で、ステージがよく見られる場所を確保した。でも座席としては、多分最後の一席だった感じ。95番なのに十分に座席が確保されていないなんてねぇ。

c0026024_8565544.jpg


esqが全国でツアーパフォーマンスをするときは、ソロ、デュオ、トリオという編成が多いのだが、今回はバックバンドも全員そろい、STARDUSTレビュー時代のリーダーである根本要さんが特別ゲストで迎えられたことがなによりも嬉しいライブだった。アンコール時に彼が登場し、ダブルボーカルの形式でパフォーマンスが行われた。アンコールで聴けて一番嬉しかった曲はやっぱり、「と・つ・ぜ・んFall In LOVE」だったね。


今回のライブDVDはほとんどノーカット。カバー曲と、共演曲が数曲カットされているだけ。

ライブ時のセットリストと、収録曲は以下の通り。(黒▲印は未収録曲)。

duo MUSIC EXCHANGE 2011.1.22
17:30~21:10

1.12:15P.M. -At Bryant Park-/esq 自由の人

2.In the city/esq The City

3.Space-age love affair/esq ジャンボリー

4.光の恋人/esq The City

5.2 o'clock samba/esq 自由の人

6.もっとそばに/esq 自由の人

7.Mirage/esq Sing-A-Ring

8.恋しくて/esq The City

9.流星物語/esq Tailor-made/スタレビRendez-Vous

10.Triste/esq シングル再会カップリング/スタレビIn The Sun,In The Shade


カバー曲リクエスト ▲

11.Stop,Look.Listen/ザ・スタイリステック/esq Episode Vol.1 ▲

12.Tea For Two/Nick DeCaro ▲


13.信じればいつか/esq The City

14.週末の天使/esq 自由の人

15.Spread our love/esq Sing-A-Ring

16.太陽の下で/esq Sing-A-Ring

17.Cityscape/esq The City

18.Melody/esq One And Only


アンコール(ゲスト、スタレビ根本要さんと)

19.Thank You/スタレビThank You

20.Smiling Face/スタレビFace To Face ▲

21.You've Got A Friend/キャロルキング

22.と・つ・ぜ・んFall In Love/スタレビThank You

23.Stay My Blue -君が恋しくて-/スタレビRendez-Vous ▲


ダブルアンコール

オリジナルカバーリクエスト

24.Danger Lady/スタレビRendez-Vous ▲

25.想い出にかわるまで/スタレビThank You ▲

26.One And Only/esq One and only


トリプルアンコール

27.Charming/スタレビCharming


ご覧の通り、ほとんどカットがないのだ。ただ個人的に残念なのは、ダブルアンコール時にソロでパフォーマンスを行った、スターダストレビュー時の楽曲と、"Danger Lady"と"想い出にかわるまで"は収録してほしかったな。


DVDのリリースは2011年8月26日。リリース発表がされてから、ずいぶんと待たされたけれど、特典映像も満載なので、十分すぎる内容に仕上がっていると思う。早く商品が手元に届くのが楽しみだ。
[PR]
by august_moon | 2011-08-02 09:13 | 邦楽

好きになって、よかった

夏の始まりなのに、もう夏の終わりを感じているような気分のこの頃。

ここ最近なんとなく気になっていた女性アーティストがいる。
シングルCDは一枚持っていて、好きな歌手ではあっても
それほどのめりこむような人ではなかったのだが、

何気にここ数年テレビで見ることが多くなったことで、
彼女の魅力を再発見するようになった。

そのアーティストの名前は、加藤いづみさん。

大ヒット曲は、「好きになって、よかった」。

アコースティックなスローバラードで、
歌詞の中に「雨」という言葉が出てくるころから、
梅雨時、春の終わりごろの話かなと思う。

歌詞の内容としては、悲しい別れ話と、
その悲しみを乗り越えていこうとする、
いたいけな感じのする女性の姿を表現した歌だ。

なぜ、最近再度彼女を注目し始めたかと言うと、
音楽番組で、バックコーラスとしてチラチラと画面に映る
機会が多いのに気づかされているからだ。
それも実に色々な局の歌番組で。

自分が前に出てくることはないのだけれど、
サポートコーラス担当として、
実に着実に活躍している姿に、
魅力を感じるのだ。

久々に彼女のCDのジャケットを載せてみる。

c0026024_2022594.jpg


サビの部分だけ紹介したいと思う。

     好きになってよかった 初めてそう思った
     あの日描いた夢は 今雨の中消えるよ
     好きになってよかった 悲しいことがあっても
     つまづかないで歩けると 信じていたい
     いつまでも


[PR]
by august_moon | 2011-07-05 20:29 | 邦楽
c0026024_7521854.jpg

最近、初期の森高千里のCDやDVD映像を見聞きしている。今は特別にファンということはないのだけれど、デビューして、まだ売れ出す以前の、最初のアルバムと、セカンドアルバムだけは80年代後半当時、持っていた。彼女がミニスカートを穿き、美脚を見せたり、面白い歌詞やタイトルの曲で売れ出す前の頃。バブルがはじける前頃かな?世相を反映して、歌詞もちょっと軽い男と女のお遊び恋愛的な要素も含まれていたアルバムで、サウンド的には、TM NETWORKまでとはいかないまでも、生楽器よりもデジタル楽器を多用した、ユーロビートにも近いサウンドが特徴的だった。そのハードなイメージと彼女のウブで愛らしいミスマッチ感覚がちょっと新鮮だったから好きだったからかもしれない。

さて、2000年頃だったか、VHSからDVDへと商品が切り替わるころに、彼女の過去のVHS製品は確か10巻程のシリーズでまとめてDVDがリリースされた。さすがに全部買うわけにはいかなかったし、とりあえず初期のサウンドが好きだった自分は、Vol.1だけを買った。そして足を運んだこともない彼女のライブパフォーマンスを何度も観ていたものだった。そして最近は、インターネットのYou Tubeで、過去の彼女のパフォーマンスを観ることができるのだが、やはり小さい画面で見るのは迫力がないし、いくら動画をダウンロードできたとしても、所有欲という意味では満足いくものではなく…。そして気に入った動画が、どのDVDに収録されているかを調べてみたら、どうやら「見て ~スペシャル~ ライヴ in 汐留 PIT II 4.15 '89 - Chisato Moritaka DVD Collection no.2」という商品だということが判明したのだが、これがまた中古でも手に入らない。色々なサイトを検索しては中古の在庫を探しているのだが、見つからない。いや、実際は一件あったのだが、これがまたプレミアが付いているのか、2万円とかそんな途方もない高額で出品されている。

この2枚目のDVDは、個人的にはやはり初期の頃のサウンドが聴けることが嬉しいし、また1枚目で披露した曲も、ステージパフォーマンスに磨きがかかって、かっこ良くなっているというのがまた魅力である。そしておそらく他のファンたちを魅了していると思われるのは、次から次へとステージ衣装を着替えているところではないかと個人的には思っている。お約束のミニスカートに美脚で、若い頃の森高千里だったら、そのDVDは永久保存版にしたいよね?って、やっぱり思う。

まぁ、ネットで見つからなくても、いつかどこかの中古CD&DVDショップに足を運んだら、偶然見つかるかもしれないし…。それまでは、You Tube動画で我慢します…。
[PR]
by august_moon | 2010-06-14 08:02 | 邦楽
c0026024_1095874.jpg

一ヶ月ほど前だっただろうか?自分が憧れるシンガーソングライター・キーボーディストの崎谷健次郎さんの事務所からハガキが届いたのは。それは崎谷さんが数年ぶり(思い出せないが確実に5年以上)に、今年はニューアルバムをリリースするという告知と、それに伴って、一時休止となったファンクラブを再開させるという知らせだった。自分は迷わずファンクラブに再入会した。とりあえず入会手続きは済んでいるものの、会員証は来週ぐらいに届く予定となっている。そしてファンクラブへの入会の案内が来たのと同時に、ピアノライブの招待も来たが、個人的にはバンドサウンドが好きな自分としては、昼の部、夜の部と内容を変えてのピアノライブは見送った。会場が南青山MANDARAだったこともあるのだけれど。(つまりキャパが狭いと言うこと)。おそらく、(いつになるかは分からないが)、夏以降にアルバムのリリースになって、その時はもう少し派手にライブサウンドを聴かせてくれることを期待しつつ、少し貯金しておこうかと思った。ただ、これまた一つ気になるのは、ファンクラブの名称。「Lunch Time Cafe」という名前。これってやはり女性、主婦層をターゲットにした昼間のライブをメインに考えた名称なのだろうかと思いを巡らせてしまう。まるでesqの「Lunch Time Live」みたい。(会場も同じ南青山MANDARAだしね)。また、先日、ライブチケットのキャンセルが数枚出たとの知らせがあり、またライブ会場限定発売のピアノ・インストルメンタル・CDが発売されると知り、「なぬ?!」と、CD欲しさに目がくらんだが、またいつかどこかの会場で残り盤の再販がないかとなにげに期待はしているのだが。

とりあえず今は、新しい会員証と、会報が届くのを待っている。
[PR]
by august_moon | 2010-04-04 10:13 | 邦楽

夏から夏まで

c0026024_2010795.jpg

雨続きの梅雨の季節の合間を縫って、一瞬夏の到来を思わせてくれた今日、ふと思い出した楽曲があった。夏も解禁まじか、そろそろ「夏」の歌でも聴こうかと思っていた矢先に、自分が参加している小田和正ファンクラブから会報が届き、小田さんの近況をうかがい知ることがあった。

ふと思えば毎日携帯しているiPodの中には小田さんの曲が入っていなかった。ただ、オフコースのベスト盤が2枚分入っているのだけれど、その中のプレイリストをのぞいていたら見つけたこの楽曲、「夏から夏まで」。

この曲はオフコースの通算30枚目のシングルで1985年9月に発売された。自分も高校生時代にアナログ盤で所有していた。オフコースの数ある楽曲でもかなりロック色の強い曲で、今あるダンスミュージックのバスドラム4分打ちよりもさらに強力なスネアドラムの4分打ちがとても印象的で心地よい。

この楽曲が生まれた背景は、小田さんいわく、いつだったか定かではないけれど、ステージをやりながら、もう一曲ノレる曲があってもいいのではないかと提案したところから始まって、「リズムがあって新しい曲」をテーマに、小田さんと松尾さんがそれぞれA面とB面に「夏から夏まで」と、「ぜんまいじかけの嘘」を書き下ろしたのだった。オリジナルアルバムには収録されなかったが、ベストアルバム「It's All Right Off Course Selection III 1984-1987」に収録されている。オリコンでの週間最高順位は9位だった。


「夏から夏まで」
アーティスト:オフコース
作詞:小田和正
作曲:小田和正

夏から夏まで 愛は駆けめぐり
甘い涙を 残して消えた

ため息つかないで 僕を責めないで
愛はうらはら ふたりを遠ざける

あれだけ燃えてた 愛を悔やまないで
騙されては流す 涙も愛のうち

夏から夏まで 愛は駆けめぐり
甘い涙を 残して消えた

傷ついた心 裏切り続けて
また気がつけば 君の愛の前に居る

君がつぶやいた 「もう、ダメかな……」
その時ふたりの中を 風が吹きぬけた

夏から夏まで 愛は駆けめぐり
甘い涙を 残して消えた

夏から夏まで 君はこの腕の中
明日になれば 愛はまた繰り返す

時は気まゝにゆくよ また心が傷む
いっそこのまゝ Woo--

夏から夏まで 愛は駆けめぐり
甘い涙を 残して消えた
[PR]
by august_moon | 2009-07-04 20:28 | 邦楽

小田和正 自己ベスト2

c0026024_19475051.jpg

そうなのよ~、小田和正の新譜「自己ベスト2」が先月末にもう発売になっているのよ。なのに、まだ買っていない自分。今日もCDショップに行って品物を見てきたけれど、やっぱり買うのをためらった。

かなり数年前まで、さかのぼった曲までも収録しているのがちょっと気になったけれど別にベスト盤でなくとも、全曲CDでもってるしさぁ…。

それにしても今回のジャケットをアップで見るとなかなかイラスト・コンテンツが面白い。(「ベスト1」はあまり意識して見なかったのだけれど)。

横浜近辺に詳しい人ならすぐに分かると思うけれど、横浜タウンをそのままひとつのアイランドにしてしまっているのがコミカル。あんなデートスポットも、こんなデートスポットもあるじゃないですか?


[PR]
by august_moon | 2007-12-15 19:49 | 邦楽

飯島真理 KIMONO STEREO

c0026024_1846339.jpg

この度飯島真理さんがビクターに在籍していた初期のアルバムが紙ジャケ仕様でリマスタリングされて、発売された。自分は既に彼女のアルバムはほぼ全て持っているので、わざわざ紙ジャケごときで、二枚も買えるか!と、思っていたのだけれども、真理さん本人が自らリマスタリング盤を聴いてみたら、音質の良さに驚いたと興奮されていたので、「じゃあ、買っちゃおうかな?」と思っている今。

この"KIMONO STEREO"は3作目ぐらいだったけれど、デビュー当初からスランプ気味だった彼女は、レコード会社の人に、「海外にでも行ってきたら?」と言われて実現したのが、このアルバムのイギリス制作企画だった。詞と曲は真理さんが書いて、アレンジやマスタリングはイギリスのスタッフがやっている。

このアルバムは自分にとっても想い出深い一枚で、多分彼女の存在を知って初めてテレビで歌う姿を見たり、貸レコードなどでテープにダビングしていたような気がする。飯島真理と言ったら「愛・おぼえていますか」を代表曲として世間には知られているようだけれど、自分はこの"KIMONO STEREO"の方が好きだ。(ちなみに「愛・おぼ」は皮肉にも彼女が書いた訳じゃないのよね…)。

どうしようかな?紙ジャケ行っちゃう??


[PR]
by august_moon | 2007-02-01 18:54 | 邦楽

午後のパレード

c0026024_13175868.jpg
随分と久しぶりに、邦楽のマキシ・シングルを購入した。手にしたのはスガシカオの「午後のパレード」だ。最近リリースとあってか、何かと出かけても耳にすることが多かった。その楽曲のサビがとてもキャッチーでノリが良いので、飛びついてしまったのだ。

CDを聞いて真っ先にジャンル分けしたのは、UKソウルか80'sディスコ・サウンドかと思った。とにかくベースラインはファンキーなので、どちらのジャンルにでも当てはめることができる。

イントロはストリングスで始まって、全曲を通して、ストリングスのカウンター・メロディーの絡みが心地よい。それでなんとなく、イギリスのバンド、The Brand New Heaviesっぽいな…と思って、歌詞カードを見たら、ストリングスのアレンジもレコーディングもロンドンの楽団を使っていた。実に「やっぱり…」という感じだった。

さて、厳しめの評価をすると、間奏のストリングスのリフがダメダメだ。思いっきりCHICの"I Want Your Love"のアルペジオ・パターンと一緒。ここまでやっちゃうと、オリジナルのJ-POPSというより、洋楽のパクリっぽくなる。

しっかりして下さいよ、プロデューサーの屋敷豪太さん。


[PR]
by august_moon | 2006-09-10 13:19 | 邦楽
c0026024_1018449.jpg
最近入手したDEENのベストアルバム、「The Best キセキ」を聴いている。自分としては、Being, GIZAレーベルのアーティストはあまり聴かないだけに、自分でもちょっと不思議な感覚がするのだ。

サウンド的には、男性版ZARDといった、爽やかな楽曲が多い。作曲が、織田哲朗で、作詩が坂井泉水による楽曲が多い。彼らを一言で表現するなら、「永遠の少年」と言えるかも知れない。

"LOVE FOREVER" / DEEN

Please give me your love forever
色んな事を話したね
君となら 見つけられそうだった
love me, love me do you know I love you
笑いながら come back to me
この道も 街も空も 二人にとっては
もう、違うもの…



[PR]
by august_moon | 2006-09-05 10:19 | 邦楽

平松愛理さんが離婚…

c0026024_19473533.jpg
実際の離婚は昨年だったらしいけど、今日の芸能ニュースで始めて知った。彼女は自分にとって、大好きな女性アーティストの一人で、ファンクラブに入っていた頃もあるし、治療に専念するために行った、休業ライブ(?)にも行ったし、復帰後のライブや本の出版記念サイン会にも行った。彼女は1990年頃、「部屋とYシャツと私」で大ヒットを記録したのを知らない人はいないと思う。自分はそれ以降、彼女のポップな曲が好きでCDを集めてきた。

彼女のファンクラブの集いに参加した時は、ホントに身近な距離で彼女を見ることも出来たし、笑顔が優しくて、ファンの皆に甘えた口調で話しかけるところも彼女の魅力の一つだった。

離婚の原因は彼女の闘病期間中から始まり、唯一の長女、初一音(ハイネ)ちゃんの子育てでの価値観の違いにあったらしい。離婚はしてしまったけれど、旦那の清水信之(こちらも有名ですね)と、愛理さんも、お互いの音楽的才能は認め、尊敬しあっているし、子供の学校行事には一緒に参加するとのこと。
[PR]
by august_moon | 2006-08-16 19:49 | 邦楽